大連旅行改訂版

 昨日の「大連旅行」は一部誤りがあったので、改訂版を掲載する。そうは言ってもこれも誤りがあるかもしれないが、ご容赦を願う。

 昨晩、帰国を歓迎するように、夜の女王・大輪柱・宵待孔雀。満月美人が咲いてくれた。

 5月24日から27日まで、連れ合いと中国の大連に行ってきた。これは、私が学んでいる徳島県日中友好協会の紹介であった。大連は今まで行ったことがないので、行く気になった。案内によると、大連でウオーキングをすることがメインであった。主催は大連市中日友好協会で、今までにコロナの時期3年間を除いて、6回目であった。大連の友好協会の会長は于建軍さんで、長らく駐日大使館の外交官として働いていた。

 今回の旅行の趣旨を全く理解せず参加したが、大連に行って見て驚いた。旅行会社が主催するツアーと違って、どこでも大変な歓迎ぶりである。大連テレビ局の日本語班が取材に来ていた。

 24日(金)は夜8時過ぎに着いたが、そこでは他県から集まった人がすでに宴会をしていた。寝たのが11時過ぎ。ここで、26日のウオークの道具一式(Tシャツ・帽子・手ぬぐい・うちわ)が配られた。どれもイベントに関する絵などが描かれていて、力の入れようが理解された。

翌日は大連市内の観光であった。行ったのは(順不同)、海に浮かぶ星海湾海上大橋(2015年10月開通で全長6.8キロ)、100年の歴史を持つ路面電車に貸し切りで乗った。旅行客には大変人気があるようだ。路面電車のしおり『书签』をもらった。車窓から見る大連の町は風情があった。大連博物館見学(ここで「去大連」88元:1元は約20円、と4枚組の絵葉書12元を購入)をした。博物館では、私が関心を持っていた日清・日露戦争に関する資料も見ることができた。動物園でジャイアントパンダ見学(お尻が土で茶色く、寝そべっていた)。広い園内は土曜日だったので、多くの家族連れがパンダ見学や遊具で遊んで楽しんでいた。動物園では、楽しみにしていたアカシヤの花が咲いていた。もう何十年もの昔、清岡卓行という作家が書いた「アカシヤの大連」という小説を読んだことがある。1970年に芥川賞受賞。そこで、大連にはいつかは行きたいと思ったのだった。東港ベニス水域では多くの人が、寄ってくるたくさんのカモメに餌をやっていた。この日の昼食は大連のラーメンであったが、私が食べたのは比較的あっさりしたラーメンでおいしかった。その後宿舎に戻り、少し休憩してから、中日友好協会の人たちと交流した。双方が持参したプレゼントの交換もあった。大きな赤い袋には、上品でおいしそうなお菓子が入っていた。また、本「海韻 大連」もいただいたが、大連が観光と交流に力を入れていることが理解された。夕食は東港ベニス水域にある水餃子のレストラン「喜鼎」で摂った。四国からの参加者たちだけなのだが、私たちのように初めての参加者もいたので、自己紹介をした。香川の参加者が圧倒的に多く(17人)、愛媛・高知が各一人だった。食事のメインは海鮮水餃子でとてもおいしく、多くの人が長い行列を作って、順番を待っていた。大連の町は大戦前、日本の租借地であったがその風景はほとんど見られず、高層マンションが林立して、しかも中国の他の都市と違って道も清潔であった。

 26日(日)はメインのウオーク(中国語では「徒歩行」)であったが、私は明け方前から体調不良(みぞおちがひどく痛む)ので、薬を飲んで(中国薬をホテルでもらった)大事を取って不参加にした(少しばかりホテルの周りを散策。ホテルの裏通りには食事の店や中国風のコンビニ【便利店】がたくさんあった)。少し天気が悪かったが、連れ合いは皆さんと元気に歩いたようだ。午後からは、皆でお土産を買いにデパートとスーパー(超市)に行った。大連の担当者が案内してくれて助かった。買い物を終えてデパートを出た広場で、人が倒れていた。参加者の香川の人が看護師で、応急手当てをして救急車の来るのを待った。

この日の晩は完走者表彰式と送別会であった。大連市の中日友好協会の人たちがたくさん参加してくれて大いににぎわった。いろんな人がかわるがわるあいさつしたが、これが長くて困った。日本語であいさつすると中国語に翻訳、中国語であいさつすると日本語に翻訳。ただでさえ長いのに退屈してしまった。しかし、歓迎の歌や踊り・楽器演奏には大満足した。特に子どもたちが演技した「变脸」(京劇と似た様式で行われる中国の伝統的演劇であるが、変臉(へんれん)と呼ばれる、瞬時に瞼譜(隈取)を変える技巧で有名。)は小学生4人が演じたが、一瞬に変る顔の早業は見事なものであった。こうして伝統演芸が保護され続けられているのだと、感心させられた。私の隣の席の人は「気功」の先生で、日本各地で教えていると語ったが、日本のこと中国のこといろいろ話をして、中国への理解が一層深まった。彼は夜学で日本語を学んだというが、努力家でもあり親日家(大連は非常に多い)でもあった。この送別会でも、パンダの手提げと大きな袋に入ったお菓子「赤蝦」をいただいた。

 27日(月)は四国から参加した皆さんは、オプションツアーで南京旅行に参加のため、午前5時起床ですぐに出発。私たち夫婦は12時発の飛行機で、関空に出発した。ありがたいことに飛行場迄送ってもらった。関空から三宮(ここで夕食)までバスまで行き、7時のバスで土成まで帰ってきた。我が家に着いたのは午後9時だった。とにかく温かい歓迎とプレゼント(大連市や企業からの援助があると思うが)で意義ある旅行だった。体調が悪かった私に、いろいろと声を多くの方からかけてもらった、感謝・感謝。

 旅行で歩いた歩数は、24日:8,184歩、25日:10,036歩、26日:10348歩、27日:7,262歩。

 メモをしていたのだが、そのメモも状況が良く変わるので追いつけなかった。記憶違いもあろうが、大連は印象深い町となった。

 

大連旅行

 5月24日から27日まで、連れ合いと中国の大連に行ってきた。これは、私が学んでいる徳島県日中友好協会の紹介であった。大連は今まで行ったことがないので、行く気になった。案内によると、大連でウオーキングをすることがメインであった。主催は大連市中日友好協会で、今までにコロナの時期3年間を除いて、6回目であった。大連の友好協会の会長は于建軍さんで、長らく駐日大使館の外交官として働いていた。

 今回の旅行の趣旨を全く理解せず参加したが、大連に行って見て驚いた。旅行会社が主催するツアーと違って、どこでも大変な歓迎ぶりである。大連テレビ局の日本語班が取材に来ていた。

 24日(金)は夜8時過ぎに着いたが、そこでは他県から集まった人がすでに宴会をしていた。寝たのが11時過ぎ。

翌日は大連市内の観光であった。行ったのは(順不同)、海に浮かぶ星海湾海上大橋(2015年10月開通で全長6.8キロ)、100年の歴史を持つ路面電車(貸し切りで乗った。旅行客には大変人気があるようだ。ここで路面電車のしおり『书签』をもらった)で市内観光、大連博物館見学(ここで「去大連」88元:1元は約20円、と4枚組の絵葉書12元を購入)。記念館では、私が関心を持っていた日清・日露戦争に関する資料も見ることができた。動物園でジャイアントパンダ見学(お尻が土で茶色く、寝そべっていた)。広い園内は土曜日だったので、多くの家族連れがパンダ見学や遊具で遊んで楽しんでいた。動物園では、楽しみにしていたアカシヤの花が咲いていた。もう何十年もの昔、清岡卓行という作家が書いた「アカシヤの大連」という小説を読んだことがある。1970年に芥川賞受賞。そこで、大連にはいつかはいきたいと思ったのだった。東港ベニス水域では多くの人がたくさんのカモメに餌をやっていた。この日の昼食は東港ベニス水域にある水餃子のレストラン「喜鼎」。食事のメインは海鮮水餃子でとてもおいしく、多くの人が長い行列を作って、順番を待っていた。夜は、同宿の参加者(四国・伊万里)の人たちと食事。

 26日はメインのウオーク(中国語では「徒歩行」)であったが、私は明け方前から体調不良(みぞおちがひどく痛む)ので、薬を飲んで(中国薬をホテルでもらった)大事を取って不参加にした(少しばかりホテルの周りを散策。ホテルの裏通りには食事の店や中国風のコンビニがたくさんあった)。少し天気が悪かったが、連れ合いは皆さんと元気に歩いたようだ。記念写真と手ぬぐい、帽子がプレゼントされた。午後からは、皆でお土産を買いにデパートとスーパー(超市)に行った。大連の担当者が案内してくれて助かった。買い物を終えてデパートを出た広場で、人が倒れていた。参加者の香川の人が看護師で、応急手当てをして救急車の来るのを待った。

この日の晩は完走者表彰式と送別会であった。大連市の中日友好協会の人たちがたくさん参加してくれて大いににぎわった。いろんな人がかわるがわるあいさつしたが、これが長くて困った。日本語であいさつすると中国語に翻訳、中国語であいさつすると日本語に翻訳。ただでさえ長いのに退屈してしまった。しかし、歓迎の歌や踊り・楽器演奏には大満足した。特に子どもたちが演技した「变脸」(京劇と似た様式で行われる中国の伝統的演劇であるが、変臉(へんれん)と呼ばれる、瞬時に瞼譜(隈取)を変える技巧で有名。)は小学生4人が演じたが、一瞬に変る顔の早業は見事なものであった。こうして伝統演芸が保護され続けられているのだと、感心させられた。私の隣の席の人は「気功」の先生で、日本各地で教えていると語ったが、日本のこと中国のこといろいろ話をして、中国への理解が深まった。彼は夜学で日本語を学んだというが、努力家でもあり親日家(大連は非常に多い)でもあった。

ここでもプレゼントがあった。大きな赤い箱に入ったおいしそうなクッキーと本「海韻大連」(日本語に翻訳されている。55元)サブタイトル(大連のことを理解したいなら、まずは海から始めよう)にも書かれているが、大連は海の大都市(人口715万人)で世界に開かれている。戦前、日本の租借地であった風景はほとんど見られず、高層マンションが林立して、中国の他の都市と違って道もきれいであった。

 27日(月)は四国から参加した皆さんは、オプションツアーで南京旅行に参加のため、午前5時起床ですぐに出発。私たち夫婦は12時発の飛行機で、関空に出発した。飛行場迄送ってもらった。関空から三宮(ここで夕食)までバスまで行き、7時のバスで土成まで帰ってきた。我が家に着いたのは9時だった。とにかく大きな歓迎とプレゼント(大連市や企業からの援助があると思うが)意義ある旅行だった。体調が悪かった私に、いろいろと声を多くの方からかけてもらった、感謝・感謝。

 旅行で歩いた歩数は、24日:8,184歩、25日:10,036歩、26日:10348歩、27日:7,262歩。

 今朝、庭を見ると、大連に行く前には40輪ほどあった夜の女王が20輪余り咲いてしまっていて萎れていた。満月美人・姫月下美人・十三夜美人・宵待孔雀も咲いていた。

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

 

ハス、武侯祠(成都)

 庭仕事をして、少しばかり力を使ったので、腰の痛みが増してきた。しばらくはゆっくりしなければいけない。昨晩は、夜の女王が3輪咲いた。まだまだ蕾がたくさんあるのでこれからも楽しみだ。

 20日(月)は徳島大学中国語講座があり、参加した。今回はテキストの「中国語で巡る『漢詩』と『三国志』の旅」の第11課「武侯祠」を学んだ。武侯祠(成都市)と言え劉備の軍師・諸葛孔明である。武侯祠には2012年5月28日から6月2日まで、「九塞溝・黄龍成都楽山大仏」というツアーに参加して行ったことがある。当時のことはブログにくわしく書いた。テキストでは杜甫の「蜀相」という詩が掲載されている。ネットで検索したら、下記の文章が出てきたので借用する。

『蜀相』の原文

丞相祠堂何處尋

錦官城外柏森森

映階碧草自春色

隔葉黄鸝空好音

三顧頻煩天下計

兩朝開濟老臣心

出師未捷身先死

長使英雄涙満襟

『蜀相』の書き下し文

丞相の祠堂(しどう)何(いず)れの処(ところ)にか尋ねん

錦官(きんかん)城外 柏(はく)森森(しんしん)

階(かい)に映ずる碧草(へきそう)自(おのずか)ら春色

葉を隔つる黄鸝(こうり)空しく好音(こういん)

三顧(さんこ)頻煩(ひんぱん)なり天下の計

両朝開済(かいさい)す老臣の心

出師(すいし)未だ捷(か)たざるに身先ず死し

長(とこし)えに英雄をして涙襟(えり)に満たしむ

『蜀相』の現代語訳

蜀の丞相(諸葛孔明)を祭るほこらはどこにあるのだろう。

錦官城外の柏の木々がうっそうと茂るあたりだ。

きざはしに映る草の緑には春の気配があり、

枝葉の向こうを飛び交うウグイスがむなしく美声を響かせる。

劉備三顧の礼孔明の天下の計を求め、

孔明は老いてなお劉備劉禅の蜀に仕えた。

対魏戦に出兵するも勝利の前にその身は斃(たお)れ、

英雄たちは皆涙で襟を濡らす。

 昨日は我が家で会議があり、午後からメダカを飼う資材を求めて藍住町コーナンに行ってきた。ついでに徳島市応神町の「花みどり」に立ち寄ったらハスを売っていたので買ってきた。どんな花が咲くか楽しみだ。

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

 

フランス人女性が署名、夜の女王が咲く

 5月12日(日)は、阿波市の林公民館の日本語講座に参加した。この日はテキスト「標準日本語 下」の第12課「李さんは森さんより若いです」を学んだ。比較の言葉の練習であった。3人の中国人のうち、一人は日本語が上手なので、私の下手な説明をうまく中国語に翻訳してくれるので助かる。
 13日(月)の午前中は、徳島健生病院で腹部エコー検査を受診した。毎年1回実施している。検査結果は22日の内科受診で教えてもらう。午後からは、徳島大学中国語講座に参加した。この日はテキスト「中国語で巡る『漢詩』と『三国志』の旅」の第9課「赤壁」、第10課「白帝城」を学んだ。出てきた詩は「赤壁」・杜牧と「早発白帝城」・李白で、両詩とも大変有名な詩である。ネットで探した李白の早発白帝城を以下に掲載する。
早発白帝城
朝辞白帝彩雲間
 千里江陵一日還
両岸猿声啼不住
軽舟已過万重山
『早発白帝城』の書き下し文
つとに白帝城を発す
朝あしたに辞す 白帝 彩雲の間かん
千里の江陵 一日にして還る
両岸の猿声 啼いて尽きず
軽舟 すでに過ぐ 万重の山
『早発白帝城』の現代語訳
朝早く白帝城を発つ
早朝美しい朝焼けの雲間にある白帝城に別れを告げ
千里のかなたにある江陵にたった一日で戻る
長江の両岸からは猿の声が途切れることなく
船は軽々と幾重にも重なる山を通り抜けた
 この日の晩、夜の女王が30センチほどの大輪を咲かせた。見事なものである。まだ30輪ほどの蕾があり、大輪柱も10輪余りの蕾が大きくなってきている。楽しみだ。
15日(水)は日中友好協会の中国語に参加した。この日はテキスト「起きてから寝るまで中国語表現1000」の第8課「趣味」の単語と短文を学んだ。
 16日(木)は四国大学の「中国漢詩紀行 晩唐の詩人 杜牧・李商陰」の講座に参加した。この日は、杜牧の「題烏江亭」・「赤壁」・「隋宮春」・「題宣州開元寺水閣」・「泊秦淮」・「漢江」・「汴河阻凍」の7首であったが、説明が早いので十分には理解しがたかった。これらの詩はすべて「杜牧詩選」(岩波文庫)に収められているので。帰宅してからじっくり味わった。
 18日(土)は朝から用事があって忙しかった。用事を済ませて9時半からきのこハウスの理事会に参加した。6月の総会に向けての議案書を討議した。終わって午後から、守大助の会の徳島駅前行動と役員会に参加した。この日の一番の出来事は宣伝・署名の終わり掛けのころに、一人の外国人女性がじっと私たちの横断幕を見ていることだった。川上事務局長がチラシを渡したが、日本語がわからないということだった。女性はスマホの翻訳機能を利用して話しかけてきた。どんな活動をしているのかということだった。説明が通じたのか、仙台地裁に提出する再審開始を求める署名にサインしてくれた。フランス人だった。大感謝。
B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!
●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!
 15日午後には、徳島健生協の健康班会「高齢者の栄養と食事について」に連れ合いと参加したことを書き忘れていたので追加する。




平和行進、「東南アジア スタートアップ大躍進の秘密」

 ここ2日間、暑い日が続いている。寒暖差の大きい暑さは、身体にこたえる。

 先日、連れ合いが私の中学・高校の卒業名簿を見つけて見せてくれた。ベビーブームの前年に生まれたので、生徒数が非常に多い。中学校(東京都大田区立馬込東中学校)では、1クラス57名(1961年卒)で、高等学校(東京都立田園調布高校)では、1クラス48人(1964年卒)だった。現在だったら1クラスで2クラス分だろう。教師も生徒も大変な過密教室で、人権侵害と言っても過言ではない時代だった。

 7日は、わが家で会議があった。8日(水)は、文学書道館で日中友好協会の中国語があり参加した。この日は、第8章の「趣味」を学んだ。最近20日余り、「新HSK6級 単語トレーニングブック」を開いていない。6級の2,500語が半分以下の1,122語で止まったままだ。いったん止まるとなかなか意欲がわかない。庭の草取りやメダカの池の清掃ばかりした。

 9日(木)は2024年国民平和会行進の四国コースが阿波市に来たので、連れ合いと参加した(行進団は11名。市側も市長始め3役など)。いつも阿波市は、毎年熱心に対応してくれる。市長始め職員のみなさんが平和の大切さを認識しているからだろう。庁舎の前の平和の垂れ幕が色あせてきたので、取り換えをお願いした。

以下は、連れ合いのブログから寸借。「今回の平和行進四国コースには通し行進者として山内金久さんが東京から来ています。

 山内さんは今までに、2014年北海道から東京(日本海)コース・2015年沖縄から長崎コース・2016年東京から広島コース・2018年北海道から東京(太平洋)コース・2023年富山から広島コースを歩かれたそうで、今75歳。

 トランペットが大好きで、平和行進出発点ではどこでもトランペットを演奏してから平和行進に出発しているとのこと。」

 昨日は、10鉢のプランターに咲いて私を楽しませてくれた、フリージアの球根を掘り上げた。球根の土を落とし、仕訳もしたので午前中いっぱいかかってしまった。

 「東南アジア スタートアップ大躍進の秘密」(中野貴司・鈴木淳 日経プレミアシリーズ)を読んだ。東南アジア諸国の発展ぶりと、貧困格差の拡大が理解された。先進国に追いつこうと企業・政府がITなどに力を入れているが知らされた。東南アジアを知ろうと思ったのは、阿波市・林公民館で開かれている日本語教室に参加したからであった。インドネシア・フィリピン・ベトナムなどから、多くの方が働きながらの日本語を学んでいるので、彼らの国の様子を理解したかったからである。祖国で成功を収めている企業のトップたちとは、全く逆の位置で縫製工場や農業などで働き、仕送りをしている彼らの熱心さには頭が下がる思いだ。徳島県には2023年で7,374人の外国人居留者がいて、阿波市では2020年には390人(阿波市人口の約1.1%)が住んでいる。人口比率では県内3番目の高さで、行政も含め東南アジアについて理解することが必要と感じた。

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

睡蓮の植え替え、日本語教室の総会

 ゴールデンウイークになり、あちこちに皆さん出かけている。我が家の孫も出かけた。私には予定はない。家でいつものようにのんびりするのが一番だ。
 先月28日(日)は阿波日本語支援教室(正式名称)があり、阿波市阿波町の林公民館まで行った。午前中はこれを主催している阿波国交流協会の総会があり参加した。資料を見ると日本語教室だけでなく、研修会・遊び・餅つき・書初め・クリーン作戦・お花見など様々な活動を行っている。事務局長の藤本さんはたくさんの写真を撮って、会に参加できなくてもその活動を知らせてくれる。感謝である。
 4月の歩数は、一日平均9,006歩だった。8,000を達成するのは、意識的に歩かないと困難だ。
 5月1日はメーデーだったが、雨も降り体も本調子でないので、休んだ。連れ合いは元気なもので、今年も参加した。
 2日(木)は、少し時期的には遅かったが、睡蓮の植え替えをした。10鉢ほどあるので株分けもしたので半日かかった。大輪柱の蕾も出てきた。

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!
●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

守大助の会休む、「東南アジア史10講」(古田元夫)

 千葉・柏の墓参りから帰った後、どうも体調が芳しくない。胸が重いのである。しかたがないので、20日(土)の守大助の会は休ませてもらった。

 22日(月)はきのこハウスの理事会があり、少しは体調も回復したと思ったので参加した。5月の総会準備の役員会だった。今期限りで役員は下りる。理事長の横田さんには、12年間大変お世話になった。

 24日(水)は大野病院の内科を受診した。心電図・レントゲンを撮って診てもらったが、特に異常は見られなかった。それでも体調はすぐれない。草むしりをしながら、のんびり休養するしかない。

 岩波新書の「東南アジア史10講」(古田元夫)を読んだ。東南アジアの現代史を読むのは初めてだ。東南アジア各国が生き生きとして、世界における位置も、経済も人口も目覚ましい発展を遂げていることが理解された。変って日本の凋落ぶりがはっきりと認識された。