B型肝炎訴訟、守大助さんを支援する高知の会総会、春日部張子

 13日(金)は大阪地裁でB型肝炎訴訟の期日であったので参加した。今回の意見陳述は2組で、発症から20年を越えてきちんとした救済が受けられない遺族であった。一組は、結婚してその後長男に続き生まれた双子の男の子が脳性麻痺で、手術をできないほどの重症の夫を看ながら頑張ってきた方であった。意見陳述の時には彼女の子どもたちも付き添って、車椅子に座って母親の意見陳述を聞いていた。彼女は最後に、「国のスタンスとして、国民の生命健康を守ることが最優先にあるならば、自分たちのメンツや責任なんか考えるよりも、まず第一に、肝炎ウイルス検査の啓発活動をしてほしいです。国には、国民の生命健康を守ることが最優先というスタンスで行動してほしいと思います。加えて、私は遺族です。遺族としてはやはり、叶わないけれども、夫を生き返らせてほしい。平和な家族の生活を返してほしい、と考えてしまいます。こんな家族がたくさんいることを心に留めて、これから国は行動してほしいと思います。」と話した。

 裁判所から帰る時に立ち寄ったのが阪急古書のまち。杉本梁江堂で購入したのが「酒の肴・抱樽酒話」(青木正児・岩波文庫)と春日部張子のイノシシであった。古書店と行ってもいろんなものが置かれている。

f:id:tetuo0208:20190914100532j:plain

f:id:tetuo0208:20190914100743j:plain

 上の写真の中央のイノシシ(高さ15cm)が今回購入した春日部張子で五十嵐健二作。他の物は、我が家にあった春日部張子。五十嵐健二作も多い。

 昨日(14日)は高知で第3回守大助さんを支援する高知の会総会があったので、川上事務局長らと5人で参加した。総会では最高裁宛の署名が3500筆、会員も180名を超えたと報告があった。昨年、高知で行われた日本母親大会が高知の会の発展に大きく寄与していることが理解された。私は徳島の会を代表してあいさつを行った。

 記念講演は布川事件の桜井昌司さんで、自らのえん罪被害者としての経験から、3月に「えん罪被害者の会」を立ち上げたこと、えん罪をなくすには証拠開示法を作って全証拠を警察・検察が出すこと、再審法の改定をすることなどの必要性を語った。また、弁護士・支援者に支援を訴えることも大事だと語った。とにかく、長い刑務所生活を自分の成長につなげてきて、聞いていて楽しく力のわく話だった。

f:id:tetuo0208:20190914142124j:plain

f:id:tetuo0208:20190914141310j:plain

 B型肝炎訴訟でもえん罪でも同じだが、国が犯した謝りを認めず正そうとしないしないことが、国民に多大な犠牲を強いている。

 我が家にに着いたのは前日に続き午後9時。二日連続で7時間も車に乗ったので疲れ切ってしまった。

台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!
B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団へご相談を!
良寛歌集(東洋文庫556 平凡社

320 草枕ねざめさびしき山里に雲居おなじき月をかも見る

321 越の空も同じ光の月かげをあはれと見るや武蔵野の原

322 ふる里をはるばる出でて武蔵野の隈なき月をひとり見るかな

323 ふる里のこと思ひ出でてや君はしも有明の浦に月や見るらむ

324 つれづれに月をも知らで更科やうば捨て山もよそにながめて

あわ9条の会、歯科受診、上板町議選挙、月下美人など咲く

 8日(日)は8時半から恒例のあわ9条の会の行動があった。この日の参加者は6名で、少し少なかった。それでも涼しい風が吹いてくれ、車からも多くの方が手を振ってくれて気持ちがよかった。

 9日(月)は9時50分から歯科の検診。それほど時間がかからないと思ったが、レントゲンを撮ったりして、1時間半ほどかかった。帰りにブックオフに立ち寄って、中脇初枝の「きみはいい子」(ポプラ文庫)を108円で購入した。

 10日(火)は上板町の議員選挙の告示日だったので、柏木みちよさんの出陣式に連れ合いと参加した。ひどい炎天下の出陣式で、体にこたえた。34度もあったという。立候補者が定数だったため、午後5時で当選が確定した。

 昨晩も相変わらず毎晩のように花が咲き、楽しませてくれている。写真の初めは、3日にアップした満月美人のつぼみが咲いたところ。あとは月下美人と十三夜美人。

f:id:tetuo0208:20190910230850j:plain

f:id:tetuo0208:20190910230913j:plain

f:id:tetuo0208:20190911064022j:plain

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

314 訪ふ人もなき山里に庵してひとりながむる月ぞわりなき

315 秋の夜の月の光のさやけきに辿りつつ来し君がとぼそに

316 風は清し月はさやけしいざともに踊り明かさむ老のなごりに

317 誰にしも浮世のほかと思ふらむ隈なき月の光(かげ)を眺めて

318 名にし負ふ今宵の月をわが庵(いほ)に都の君のながむらむとは

 

「世界の果てのこどもたち」(中脇初枝・講談社文庫)、月下美人

 暑かった夏もそろそろ終わりかけ、朝晩は涼しくなってきた。猛暑で花を咲かせなかった、月下美人や満月美人、十三夜美人、姫月下美人も、毎晩のように2、3輪咲くようになってきた。9月中旬から10月下旬ごろまで、これからは一株に何輪も咲くだろう。小さなつぼみがたくさん見られる。

f:id:tetuo0208:20190903083707j:plain

f:id:tetuo0208:20190901214002j:plain

f:id:tetuo0208:20190901213856j:plain

上から、満月美人のつぼみ、満月美人、月下美人

 「世界の果てのこどもたち」(中脇初枝講談社文庫)を読んだ。以前、同じ作家の「神に守られた島」(講談社)を紹介した。両親の生まれ故郷の沖永良部島での戦争と子どもたちを扱ったものであった。今回は、3人の女の子が戦争とどうかかわってきたかが書かれている。小さな自分の命をどのようにして守ってきたか、大人たちはどうだったのか。満州で出会った3人(貧しい山村の農家で生まれ満州で買われて中国人として生きてきた子、朝鮮人満州に暮らし戦後は日本で差別を受けながらもたくましく生きてきた子、裕福な家の子だったが両親・近しい人を戦争で亡くし一人で生き抜いてきた子。)がそれぞれが出会った戦争の中でも、満州での出会いが生きる糧になっていることが描写されている。本の帯には「73年前、大人たちは戦争をしていた。でも、わたしたちはずっと、友達だった。」と書かれている。

 今の日本。中国・韓国との関係は悪化するばかりである。過去の歴史をきちんととらえ、二度と3人の子どもたちが強制された苦しみ悲しみを次世代に与えてはならないのが大人の責務だと考える。その点でも先日の母親大会全体会で講演した冨田宏治さん(関西学院大学教授)の最後の「安倍政権を変えなければならない」という言葉が大事だと考える。

 作家は日ごろ「障害者」と慣用されている語について、「障碍者」と表記している。「角川最新漢和辞典」(角川書店)によれば、「害」の意味は①そこなう、きずつける、こわす。②さまたげる、じゃまをする。③わざわい、災難、さわり。④守りやすく、せめにくいところ、とあり、現代表記では「碍」の書き換えに使う、としている。一方で「碍」は、さまたげる、じゃまする、さまたげ、じゃま、としている。碍の語には害の③の意味はない。しかし、受け取る側にはマイナスイメージの③の意味が主だと取ってしまうのではないか。障碍者にとってこれほど不当な語はないと思う。作者が子どもを見る目同様に障碍者を暖かく見ていることが理解される。

f:id:tetuo0208:20190903094949j:plain

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

309 里子らの吹く笛竹もあはれきくもとより秋のしらべなりせば

310 虫は鳴く千草は咲きぬぬばたまの秋のゆふべの過ぐころもをし

311 思ふどち門田の畔(くろ)に円居して夜は明かしなむ月の清きに

312 月よみの光を待ちてかへりませ山路は栗のいがの多きに

313 月読の光を待ちてかへりませ君が家路は遠からなくに

日本母親大会、守大助の会宣伝行動、全体会で祐子さんが訴え、歯科・眼科受診、徳大肝臓病教室参加、「回企」、タスキ制作

 8月24日から25日まで開かれる第65回日本母親大会に参加するため、30人余りがバスで静岡市まで行ってきた。出発は23日の朝。連れ合いは事務局会議があるので、先に飛行機で行くので阿波おどり空港まで送った。松茂のバス停で7時45分に乗車。途中、土砂降りの雨であったが、今回の旅行の唯一の観光地(日本平久能山東照宮)に着いたときは曇りで、何とか見学できた。

f:id:tetuo0208:20190823155238j:plain

f:id:tetuo0208:20190823154423j:plain

 夜は静鉄新清水駅近くの「エスパルスドリームプラザ」で夕食を摂った。魚中心の店が多かった。海の前で新鮮でおいしい味であった。8時半過ぎにホテルに着いた。長時間のバス乗車は体につらい。

 24日(土)は分科会で、12時半からであったが、私たち守大助の会のメンバーは早めに会場のグランシップに行った。会場前の公園ではすでにたくさんの物産店が準備を始めていた。11時過ぎから守大助さんの母親・祐子さん、高知の胡摩﨑さんと合流して最高裁あての再審開始を求める署名用紙を配った。

 分科会では第30分科会の「富士山の自然と歴史・文化、富士山を守るために」に参加した。講演は2本あり、「富士山 信仰の対象と芸術の源泉」(植野秀樹さん・富士山世界遺産センター)、「富士山の自然と歴史・文化、富士山を守るために」(日本地図センター相談役、多くの著書がある)、特別報告は「富士山の自然環境を守るために-エコレンジャーのとりくみ」(福原みよさん)、「自衛隊東富士演習場の実態」(高木理文さん)があり、大変豊富な内容であった。富士山の歴史文化、景観を守り発展させる一方で、自衛隊・米軍が広大な演習場で砲撃訓練などを行って富士山を破壊していることが理解された。富士山の楽しみ方も教わった。会場で田代さんの「今日はなんの日、富士山の日」(新日本出版社)を購入した。

 夜は、宣伝に参加したメンバーと高知・宮崎・札幌からきたメンバー、連れ合いとホテル近くの居酒屋で交流会を行い、それぞれの大助さんに対する思いを語りあった。おいしい食事とお酒であった。

 25日(日)は全体会。9時半開始なのでこの日も早く会場に行って、昨晩参加したメンバーとMさん一家(息子さん、中2の孫娘、小4の孫息子)、もう一人(どこの方か失念した、ごめんなさい)で開会時間ぎりぎりまで署名用紙(総計2,500枚配布)を配り、署名も取った。各地で取り組んでいるとの声も聞き、心強かった。母親大会の参加者は24日4,600人、25日は4,400人、徳島からは37人であった。

 3時に終わりバスで会場を出発してハプニングがあった。15分ほどたった時、連れ合いの携帯に電話が入り、取り違えていたことが解った。仕方なく会場まで後戻り。バスの中で皆さん、参加の感想を述べた。一番良かったのは、Mさんの2人の孫の感想であった。大げさかもしれないが、日本の将来が頼もしい。我が家にたどり着いたのは深夜の12時少し前であった。

f:id:tetuo0208:20190824082218j:plain

f:id:tetuo0208:20190824210944j:plain

 バスの中、ホテルで田口朝光さんの「回企」を読んだ。手ぬぐい、絵馬を購入した。

f:id:tetuo0208:20190827095122j:plain

f:id:tetuo0208:20190827100021j:plain

f:id:tetuo0208:20190827104016j:plain



 26日(月)は午前中に歯科・眼科を受診した。午後からは徳大の肝臓病教室に参加した。今回のテーマは「自己免疫性肝疾患」であった。医師、臨床検査技師、徳島産業保健総合支援センターの両立支援促進員から話があった。

 受診後には祐子さんから頼まれた「無実の息子を助けて」と書いたタスキを作った。大型プリンターで布を印刷し、作り上げた。今まで使っていたのは白地に黒字で書いたものだったので、よく目立つようになった。

f:id:tetuo0208:20190827093805j:plain

 「回企」

〇着払いにして送る恋文

〇直線と曲線が近道を競い合う

〇変数が坂道を転げ落ちる

〇手のひらに嘘を転がしポイと捨て

〇幸せを並盛にして海苔をふる

〇降り積もる雪の白さを踏みにじる

 

健康班会「からだの健康、こころの健康」、「空企」(田口朝光)、中国語図書

 20日(火)の夜は徳島健生協の健康班会が、近くの公民館であったので連れ合いと参加した。今回の参加者は10名。班会の内容は「からだの健康、こころの健康」。体の健康にとって、こころの健康は欠かせない。また、その反対も欠かせないことが、講師の話によって理解された。脳内ホルモンの活性化には笑顔の効果が抜群。笑顔は最高のサプリメントと言っていた。いろんなサプリメント(効果のほどは定かではなく、体に悪いものもたくさんある)が市販されているが、それよりも笑顔が体の健康、心の健康にとっては一番。オキシトシンが健康にとっていいのだが、それを分泌させるには以下の5点が重要。

①ありがとうを口癖のように言う。

②太陽の光を浴びる。

腹式呼吸を意識する。

④体のツボを押す。

⑤共感力を高める会話をする。

アロマセラピー

 なるほどと思うが、日ごろの私はこの6点があまりできていない。

 高知の友人が句集「回企」を送ってきてくれた。2作目である。

 あとがきに「人生1万句」を目標にしていると書いているが、現在6,600句。忙しい社会運動の傍ら毎日10句を作るらしい。私にはそんな持続力も、もちろん作句力もない。頼もしい限りである。表紙の題字は誰の書であろうか。前作と同じ人の字である。これから読んでみる。

f:id:tetuo0208:20190822091818j:plain

 昨日、中国語教室に参加したら、徳島県国際交流協会が図書コーナーを閉めるので、置いてある本を無料で分けてくれるという事を聞いた。教室に参加している方たちもたくさんもらってきている。そこで私も徳島駅前にある交流協会に行ってきて、20冊あまりの本を貰ってきた。年代的には古いものが多いが、時間を見つけて読んでみようと思う。

f:id:tetuo0208:20190822093005j:plain

f:id:tetuo0208:20190822094242j:plain

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

303 たまほこの道のひまごとしをりせむまた来む秋は訪ね来むため

304 花の野にしをりやせましひさかたのまた来む秋はたづね来むため

305 手を折りてうち数ふればこの秋もすでに半ばを過ぎにけらしも

306 あまづたふ日にけに寒くなりにけり帰りなむいざ幸(さき)くませ君

307 秋もややうらさびしくぞなりにけりいざ帰りなむ草の庵に

守大助の会、娘たち帰る、きのこハウス、大掃除、「アイヌ童話集」(角川ソフィア文庫)

 17日(土)は午後から守大助の会の役員会があったので、徳島まで出かけた。恒例の徳島駅前での宣伝行動は、あまりの暑さのため30分で切り上げた。連日の、孫との遊び(囲碁の相手など)と合わせて、ぐったりと疲れてしまった。役員会では、最高裁あての署名が1,584筆、会員数541名との報告があった。また、8月23日から25日までの静岡での第65回日本母親大会での取り組みを確認した。9月8日は新婦人の「つながるフェスタ」、9月14日は守大助の会高知の会の総会、10月3日は徳島で開かれる第62回日本弁護士連合会人権擁護大会のシンポジウム「えん罪被害者救済に向けて」、10月12日は第45回救援会県本部大会などへの参加も決めた。11月16日・17日には香川の五色台で中四国の守大助の会の交流会がある。

 18日(日)は夕方に二女が3人の孫と猫のミヤオを連れて、駒ケ根に帰っていった。物が散乱し大きな声が響いていた家が急に静かになった。一番上のKaede君(小5年)は例年の通り大きなポスター数枚で発表する宿題を、二女に怒られながらようやく仕上げた。ウミガメについての研究だが、図書館で何冊も本を借り、娘の大きなアドバイスがあったので何とか間に合った。駒ケ根の小学校は8月21日から二学期が始まる。ミヤオは来たばかりのころは床の間にばかりいて、少しもその姿を見せなかったが、旅の疲れも取れたのだろう、顔を見せるようになった。何しろ年齢18歳(人間だと90歳)なので、老体には長旅は堪えるようになった。

f:id:tetuo0208:20190816192453j:plain

f:id:tetuo0208:20190816183539j:plain

f:id:tetuo0208:20190817110158j:plain

f:id:tetuo0208:20190817110001j:plain

f:id:tetuo0208:20190817174419j:plain

f:id:tetuo0208:20190820062132j:plain

 昨晩咲いた姫月下美人

 19日(月)は、朝から大掃除であった。18日間もいたのだから、あちこち塵とゴミだらけ。掃いて拭いて汗だくになった。午後からは、歯科に行って取れた歯の被せの修理、そのあときのこハウスの理事会に参加した。今朝は、シーツなどの洗濯と布団干し。靴が散乱していた玄関も、私たちの4足だけになった。

f:id:tetuo0208:20190820092641j:plain

 アイヌ童話集を読んだ。金田一京助と弟の荒木田家寿の著書である。帯には「自然・カムイへの鋭敏な感性が光る名作」とあった。6月に北海道に行ったときに買ったものである。自然と神との中に生き調和している暮らし、いいですね。

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

298  秋の夜はながしといへどさすたけの君と語ればおもほえなくに

299 秋の夜のさ夜ふくるまで柴の戸に語りしことをいつか忘れむ

300 夏草の田ぶせの庵と秋の野の浅茅が宿いづれ住みよき

301 あだなりと人はいふとも浅茅原朝わけゆかむ思ふ方には

302 晴るるかと思へばくもる秋の空うき世の人の心知れとや

 

台風10号、御所の郷、丸亀製麺、「明治日本散策 東京・日光」(角川ソフィア文庫)

 孫たちの予定がまだまだある。12日(月)は御所の郷で温泉に入り、そのあと鴨島の丸亀製麵で昼食。kaede君と私が一緒に入ったが、女性陣と一緒のnagi君、kei君がなかなか出てこない。だいぶ楽しかったようだ。丸亀製麵でkaede君は大盛りのうどんであった。

 14日(水)は二女の誕生会であった。義弟夫婦と姪・その4歳の子が来てくれた。例年はもっと多いのだが、台風の影響もあって少なくなった。それでもおいしい料理(二女も作るのだが)とお酒、ケーキで皆さん満足してくれた。子どもたちも一緒に遊んで大はしゃぎであった。

f:id:tetuo0208:20190814191350j:plain

左は姪の子ども、右はnagi君。

 14日の晩から風雨が強くなってきたが、翌日は大荒れであった。それでも徳島に直撃することがなくて、比較的損害は少なかった。昨年の台風では屋根が壊れ天井から雨が滴り落ち、カーポートもやられた。40年ほどたったノウゼンカズラの木(銀杏の枯木に張り付いている)が倒れた。また、月下美人などの鉢も10数鉢倒れていた。今日は朝早くから片づけをした。

f:id:tetuo0208:20190815145743j:plain

f:id:tetuo0208:20190815144443j:plain

f:id:tetuo0208:20190815144525j:plain

f:id:tetuo0208:20190815145137j:plain

f:id:tetuo0208:20190816053208j:plain

 「明治日本散策 東京・日光」(角川ソフィア文庫)を読んだ。明治9年に来日したフランスの実業家ギメの文章と画家レガメの挿絵が、当時の日本を活写している。レガは日本の宗教と文化に大いに興味を持ち、当時の日本人の生活に大きな関心を抱いており、多数の文物をフランスに持ち帰っている。河鍋暁斎との対談もあり、その交流も楽しい。

f:id:tetuo0208:20190816093747j:plain

 

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

293 おくて刈る山田のをぢはいかならむひと日も雨の降らぬ日はなし

294 秋の雨の晴れ間に出でて子供らと山路たどれば裳のすそ濡れぬ

295 秋の雨の日に日に降ればから衣ぬれこそまされ乾(ひ)るとはなしに

296 秋の夜もややはだ寒くなりにけりひとりや君が明かしかぬらむ

297 秋の夜もやや肌寒くなりにけりひとりやさびし明かしかねつも