倉敷民商事件、連日結氷

 一番寒い時期だが、今年は一段と寒い。連日のようにメダカの池が凍り、小雪も降ってくる。それでもメダカは、氷が解けると池の上に顔を出して餌をねだる。そんな寒い毎日だが、健康のために7,000歩以上歩くことに心がけている。体調も少しばかり良くなってきた。

 28日(土)は、「倉敷民商弾圧事件の無罪を勝ち取る徳島の会」の第8回総会があり、連れ合いと参加した。参加者が20名あまりと少なかったのが残念だ。やはりコロナの影響で外出を控える人が多くなってきたためだろう。今朝のニュースによると、徳島の感染者は15万人を超えるという。県人口の5人に一人が感染したことになる。我が家も一昨日、孫が熱と咳を出したが幸いにも風邪(?)だったので、一安心した。

 総会では、事件当時者の禰屋町子さんがきて話をした。何度聞いても、国税当局・検察庁・裁判所が一体になり、中小零細企業の営業を守って活動している民商とその従業員への仕打ちは許しがたい。

 私は守大助の会を代表して、以下のような激励のあいさつを行った。 

 仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんを支援する徳島の会の有川です。

本日は、倉敷民商弾圧事件の無罪を勝ち取る徳島の会総会の開催おめでとうございます。

 倉敷民商事件は、いま取り組んでいる署名の主張に書かれているように、「冤罪」であり、納税者の権利を守って徴税強化に反対する民主商工会の活動の弱体化を狙った弾圧です。断罪されるべきは、無実の禰屋さんを逮捕・起訴し、犯罪をでっち上げた検察・警察と国税当局です。

 長引くコロナウイルスの世界的蔓延で、企業経営、特に民商に加盟している皆さん方のような小さい会社にとって、仕事を維持するだけでも大変な時期に、国・検察が民商を弾圧することは正義に反します。一刻も早く民商弾圧をやめて、中小零細企業の営業を守って活動している民商を援助する事こそ、国に求められている仕事です。

 私たちの会は、皆さん方の弾圧に反対する運動にも連帯して、弱者の権利・人権を擁護するために頑張ってきています。

 来月2月18日(土)には、シビックセンターで、第18回総会を開催します。今日のこの総会にご参加の皆さんの中にも、私たちの会員さんがたくさんおられますが、会員でない方も含め、多くの方のご参加をお願いして、私の連帯のあいさつとさせていただきます。ともに頑張りましょう。

●ロシアのウクライナ侵略は、国際法に反するもので、ロシア軍が直ちに撤退することを要求する!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

富士茂子遺歌集(埋み火 1984.4 柏原千恵子編)

芽吹く玉葱

〇肉親は今はいづくに東京の同じ空の下日々歩めるを

〇手をあげて歩道を歩む時にさえなれぬ仕ぐさに顔が赤らむ

〇皿一つ割れるがままに購わぬ住むべき家の今あらざれば

〇聞くとなく見るともなくに一人居の家にかえればスイッチに手が

〇何一つすでに着られぬ十年の空白届く行李の着物

大麻山、きのこハウス、高齢者自動車教習

 22日(日)は連れ合いの提案で娘・孫2人(小3、5歳)と大麻山(538m)に登ってきた。昨年も1月に行っている。ただし、今回は途中の真名井の水までだった。まったく1年間山に登ったことがないので、登るのに遅いこと甚だしい。孫2人の後をついていくのが精一杯であった。天気も良く日曜日でもあったので、多くの人が来ていた。

 中間地点の木にはヤマガラが数羽止まっていて、私たちを歓迎してくれた。

 23日は徳大の中国語があった。この日の内容は第11課「贵安新区,最贫困地区的奇迹」(貴安新区、最も貧しい地域の奇跡)だった。中国は地域開発に力を入れていて、

貴安新区(中国内陸部の貴州省ビッグデータ総合モデル地区)もその一つで、先端科学を中心とした開発がされている。世界的な企業もたくさん進出している。テキストによると、中国はグローバルな影響力を持つ科学技術大国になったという。その理由に、中国の科学技術論文の国際的な引用数がドイツ・イギリスを抜いて世界第2位に、発明特許の申請数・許可数が世界第一になったことをあげている。果たして、日本の地位はどのへんだろうか。その後、きのこハウスの理事会に参加した。

 24日(水)は午前中に阿北自動車教習所で高齢者の自動車講習に参加した。講師の話を1時間ほど聞いて目の検査をして、実際に短時間だが運転をした。参加者は1回が4名で、コロナの影響で少数で行っているというのだから講師の負担は大変だ。話の中でびっくりしたのは、最高年齢が男性が97歳、女性が93歳で講習に来ており、特に問題はなかったということであった。「脱帽」。私も特に問題がなかったので、午後から免許証の書き換えに行ってきた。運転免許センターは阿波市阿波町にあるのだが、帰りは雪が大変降ってきて前が見づらかった。

 今日(25日)の午前中は日中友好協会の中国語があった。宿題が4題あり、みなさんそれぞれ1題につき2つの短文を作ってきた。8人で合計64の短文の回答について、丁寧に修文するのだから先生も大変だ。授業時間を毎回大幅に超過してしまう。しかし、中国人の文章表現はどういうものかが理解されるので、毎回参考になる。

●ロシアのウクライナ侵略は、国際法に反するもので、ロシア軍が直ちに撤退することを要求する!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

「埋み火」富士茂子遺歌集(1984.4 柏原千恵子編)

母の現在

〇来ないでと母には云えずためらいて受話器を持つかいとし我が子よ

〇子と親の意見ことごとく食違いゆくがつくづくむなしき日にて

〇困ったらいつでも相談しにこよとうとまれし母は子に電話する

〇他人には云えぬわがまま存分に甘え泣く娘を抱えていたり

 

青木恵子さん、「70年代の中国庶民の日常生活」

18日(水)は水戸のYuikaの18歳の誕生日。連れ合いがささやかなプレゼントを送っている。大学受験もありしばらくは大変なようだ。
 午前は日中友好協会の中国語が、文学書道館でであったので参加した。テキストの第4課の語句の短文作成が宿題に出された。講師の楊さんは中国のコロナ感染拡大で、なかなか中国に帰れない。
 19日(木)は東住吉事件で冤罪で無罪を勝ち取った青木恵子さんが、徳島にやってきたので連れ合いと会いに行った。彼女の来徳の理由は、京都市下京区事件の冤罪被害者・平野義幸さんの支援で、徳島刑務所で受刑を余儀なくされている平野さんを励ますためであった。毎月、徳島に来て励ましている。冤罪で長らく獄中生活を余儀なくされていた彼女だからこそできる激励である。とにかく彼女、元気ですね。徳島ばかりでなく各地の冤罪被害者を励ますために力を尽くしている。刑務所訪問後、守大助の会のK事務局長・Ⅿ事務局次長らと昼食をとった。話好きの彼女の体験を聞いていると、私たちの運動の参考になる。連れ合いは彼女と来月の訪問予定を話し合った。
  一昨日読み終わったのは、「日常中国 70年代老百姓的日常生活」(江蘇美術出版社 1999年6月)。「老百姓」は庶民という意味。写真と簡単な説明で、70年代の中国を紹介している。70年代の一番の特徴は毛沢東主導による「文化大革命」(1966年~1976年)であった。文化とは全く無縁の毛沢東による権力奪取の政治闘争で、多くの国民が被害にあった。ウィキペディアによると死者数40万人、被害者数3,000万人といわれているが、詳細は分からない。日本でも毛沢東主義の団体が登場して、各種運動に多大な悪影響を及ぼした。
 平凡で平和な日常生活の写真もたくさんあるが、ここで紹介するのは毛沢東思想を学ぶ集会である。参加しないとペナルティが与えられた。辞書にはない中国語がたくさんあり、そこは適当に理解した。

●ロシアのウクライナ侵略は、国際法に反するもので、ロシア軍が直ちに撤退することを要求する!
B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!
●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!
富士茂子遺歌集(埋み火 1984.4 柏原千恵子編)
母の現在
〇手も足も男所帯のふみ場なきあれるがままの家に這入りぬ
〇積みて来しこの十年の空白が他人行儀にする何も彼も
〇被告見る眼で高びしゃに反省を次女が責めよる母の現在
〇出所せぬ方が或いは幸せではないかなど子に今は問い得ず
〇あげたくてたまらないのに何一つもらいたがらぬ子と歩みおり

大助さんのメッセージ、「草の根のファシズム」(岩波現代文庫)

 雨が降り、寒くうっとおしい天気だ。昨日の朝はどんど焼きで、我が家のしめ飾りなどを神社に持って行った。すでに何人かの人が来ていて、火の番をしていた。小雨交じりの寒い中で、ご苦労様であった。
 午後からは守大助の会の宣伝行動と役員会があったので参加した。駅前での宣伝には6名が参加した。まあまあの人出であったが、チラシを受け取ってくれる人は少なかった。役員会では主に来月の総会の役割分担を決めるなどをした。資料の中に守大助さんからの手紙が入っていたので、紹介する。
 新春のお喜びを謹んで申し上げます。
 激しく揺れ動く内外情勢と、新型コロナ禍の続く新年ですが、お元気にお過ごしでしょうか。皆様にとって、良い年となるよう心から願っております。今年は”卯年”向上!跳ねて、跳ねて、跳躍を続ける一年にしたいです。
  寒さが一段と、つのってまいりましたが、皆様には体調など崩されていませんか。全国から年賀のご挨拶を賜りまして、まことに有り難うございました。1月5日までに666通届きました。メッセージに励まされ心強くなってます。強制留学先では、新型コロナ感染が職員から収容者へ感染拡大し、昨年12月15日~本年1月10日まで一般工場閉鎖。この間入浴も禁止され、大変な新年を迎えました。私はコロナに感染していないと思いますが、カゼ症状が出て苦しい日々が続きました。雑居での生活なので、一人がカゼを引くと全員に感染、感染しないよう対策してましたが、ダメでした。
 年末は各会・支援者の皆様から、カンパ金をいただき、冬物衣類・カイロ・運動靴などを購入させていただきました。有り難うございます。 
 第二次仙台地裁で、真実が照らされると信じ!闘い続けます。本年もどうか皆様のお力をお貸しください。 無実の守大助
 今年の正月の初読書に選んだのは「草の根のファシズム 日本民族の戦争体験」(吉見義明 岩波現代文庫)であった。2022年8月発行であるが、初版は1987年5月である。兵士・軍属などとして戦争体験をした庶民の文章をもとに、アジア太平洋戦争の現実を描いている。庶民が戦争被害者としてだけでなく、天皇ファシズムを支えてきたことが、引用した庶民の手記から理解される。
 軍属として戦争に参加した浜野は、こう書いている。「彼ら(兵士)は、例え二等兵でも軍人であることには変わりはない。天皇陛下の股肱の臣なのである。そこえいくと、世にも哀れなのはわれわれ軍属という階級だ。二等兵・軍馬・軍用犬・軍用鳩・軍属・・・、つまり、われわれは鳩よりも劣る存在だということになっている。」
 日本国民とされた人々でも、沖縄県人、アイヌウィルタとチャロモ人、朝鮮人、台湾人、などへの差別は格別であった。そして著者はこうも指摘している。
 「天皇ファシズム体制は、差別され、抑圧された多くの民衆の犠牲の上になりたっていた。従って、日本の民衆自身が、このような問題を戦後どのように処理しようとするかが、戦後社会のあり方を規定する上で、大きな意味をもつこおとになるのである。」
 本書が書かれてすでに35年経過しているが、アジア諸国民が願うような「処理」になっていないのが、岸田総理のアメリカ一辺倒の外交政策・軍事拡大が証明している。
●ロシアのウクライナ侵略は、国際法に反するもので、ロシア軍が直ちに撤退することを要求する!
B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!
●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!
「埋み火」富士茂子遺歌集(1984.4 柏原千恵子編)
クリスマスの夜
〇自覚していそがしく一人正月の煮〆並べるういういし吾子
〇合掌する仏壇に笑う日の夫の写真がわれをふたたび泣かす
〇やさし父の好物の酒長男が汲みあうごとく仏壇に供う

9条の会、ピアノ発表会、受診

 8日(日)は今年初めてのあわ9条の会の宣伝行動があったので参加した。総勢5名であった。風もあまりなく良かった。そのあとは、我が家で会議があった。昼食は皆で近くの居酒屋で摂った。おいしい料理を食べ、今年の各人の抱負を語り、最後はビンゴゲームであった。
 9日(月)はNagiちゃんが習っているピアノ塾の発表会があった。彼が通っている小学校の児童が多く、みんな日頃の腕前を披露していた。しかし、この発表会は聞いていてとても緊張する。自分の孫だけでなく、すべての子の演奏にどこで間違えるかハラハラドキドキさせられる。来年はKei君も参加するだろう。

 11日(水)は、今年初めての中国語(日中友好協会)があった。皆さん、年末に出されていた宿題をきちんとしていた。例題をもとに作文するのだが、やはり現地の言葉遣いがなかなかできない。

 午後からは健康班会があったので連れ合いと参加した。今回は、演歌に合わせた運動で体を動かすものであった。歌いながらする(知っている歌ばかり)ので楽しかった。
  今日は健生病院の内科と眼科を受診した。高血圧のほうは落ち着いている。3月に血液検査・腹部エコーをすることになった。緑内障も右目が中程度より少し悪いということだったが、進行していなかった。
●ロシアのウクライナ侵略は、国際法に反するもので、ロシア軍が直ちに撤退することを要求する!
B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!
●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!
富士茂子遺歌集(埋み火 1984.4 柏原千恵子編)
クリスマスの夜
〇望ましきことはどこまでも最高の責任の名で正しく問われたし
〇おそらくは肉親であれば出来ないと甥が述懐す結論を先に
〇甘えいしかの四年生の面ざしが何処にあるやと見つむわが子を
〇あくまでも好まぬことに応じざる毅然たる子の態度を見たり
〇面会に口を閉ざして聞かざる子の反面を一人憶測す
〇それはそれで幸せなりき施設にて迎う初めてのクリスマスの夜
〇新聞に読みしと未知と想えざる便りは来たる四国の果てゆ

正月、誕生日

少し遅くなったが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ロシアのウクライナ侵略など、中国・北朝鮮の動きも含め、それに対抗してアメリカ・欧州などが動き出し、日本も便乗して軍拡に走るなど、世界が悪い方向に向かっている。そういうわけでもないが、新年に読み始めたのは「草の根もファシズム」(吉見義明 岩波現代文庫)であった。
 1日(日)午前零時になると、連れ合いは娘と3人の孫とで暗い中、氏神さまや近くのお寺に行って新年のあいさつをしてきた。寒い中、5歳の孫も起きていくのだから感心する。私は例年どおり行かなかった。
 朝、皆が起きると新年のあいさつをして、お年玉を渡した。私たち夫婦の分だけでなく、いろんな人から預かったお年玉を渡したので大喜びであった。いろいろ買うものの予定があるようだ。その後、孫たちは我が家の前の小学校に凧あげに行ったので、見に行った。風があるので高く高く揚がった。

 しばらくすると大阪に住んでいる甥・姪がそれぞれ子どもたちを連れてあいさつに来た。皆元気なようだ。

 午後からは、義弟の家に新年のあいさつに行った。
  2日は国都神社の年始祭があったので、担当になっているので行ってきた。神主が新年の祝詞を上げるのを拝聴した。近頃、担当になっている家でも神社の行事になかなか参加しないようになってきた。
 3日はKaede君の14歳の誕生日であった。娘はKaede君の注文のケーキを作っていた。私は部屋のデコレーションを担当した。

 4日は神社の飾り物の片づけをした。お賽銭の整理もした。わずかだが、神社のお金として銀行に預金する。

 3日・4日・5日と続けて短時間だが、でき上った阿波民報の配布に出かけた。何人かの方に出会ったが、その話の中で親しくしてくれた人が先月亡くなったという話を聞いてショックであった。
●ロシアのウクライナ侵略は、国際法に反するもので、ロシア軍が直ちに撤退することを要求する!
B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!
●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!
「埋み火」富士茂子遺歌集(1984.4 柏原千恵子編)
母と子
〇殺人の汚名の母に耐えし子はその迫害につゆふれずいる
〇悪意とはつゆ思わねど真底を何かがはばみて通らぬ言葉
〇潔癖のゆえに許せぬこととして次女は上告審の取下げをなじる
〇隔絶の十年の末放たれて地につかぬ足物の値知らず
〇人混みに押ささせまいと身で庇う面やつれせし子と並びあう
〇バスの小銭握らせられて発車するにまだ立っている子の有難さ

守大助さん、大掃除、「島之道紀行」

 今年最大の無念なことは、守大助さんの再審開始が実現しなかったこと。理由はいろいろあろうが、支援する会の力が十分に結集できなかったことによるだろう。
 我が家の重大ニュースは、①次女一家のために家を大改装したこと ②長女・加那が茨城県議に3回目の当選を果たしたこと ③お互いに元気で結婚50周年になったこと、となるだろう。
 年末なので大掃除をした。私の担当は庭・窓ガラス(内・外)・書斎・廊下・食堂の床・自分の部屋で、3日もかかった。とにかく、動作が遅くなって時間のかかることおびただしい。
 昨晩は、孫たちの要望で寿司郎に夕食に行った。回転寿司はあまり好きではないがしかたがない。皆さんおなか一杯になるまで寿司をつまんで、大満足のようであった。特にKaedeくんは20皿も食べて、おなかが痛くなったようだ。
  今年最後に読んだ本は「道之島紀行」(榮喜久元 丸山学芸図書 1993年12月)。「道之島」とは薩南の島々から波照間島を指しているようだ。著者はその範囲にある与論島出身(1923年生)である。鹿児島県の高校教師・県立図書館の奄美分館長などを務めていた。足しげく沖縄諸島奄美諸島の歴史・文化などを調査して回り、記録にのこしている。この本を買ったのは出版された年であったが、今まで長い間積読であった。多分、本書には両親の故郷・沖永良部島への言及があったからだろう。奄美諸島は、長い間島津藩琉球王朝のはざま、例年やってくる台風に翻弄されていた。本書の一番古い文章は1971年で、書かれたのは1987年までである。現在からみるともう半世紀も前の島々の様子だから大変貌を遂げ、ここで書かれたことはもう見ることもできないことが多いだろうし、私が小学5年の時に見た沖永良部の景色はないと思うと少し寂しい感じがする。

 温室は暖かいのか、姫月下美人が蕾をつけるが咲くまでには至らない。廊下の手ぬぐいを少し入れ替えた。



 皆さん、来年もよろしくお願いいたします。
●ロシアのウクライナ侵略は、国際法に反するもので、ロシア軍が直ちに撤退することを要求する!
B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!
●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!
富士茂子遺歌集(埋み火 1984.4 柏原千恵子編)
母と子
〇十余年受けし互いの迫害もいたわり合えず寄りつかぬ子等
〇逢えば泣くその一瞬の幸せのため耐えてきし想い深かり
〇あからさまにここが悪いと云えぬ迄長き疎遠を経てし母と子
〇知らないと自分以外は語らないいつか大人の子等の分別
〇なけなしの子が小遣いで買いて来しみかんが喉につかえる想い