びっくり北海道4日間、腰痛

 阪急交通社主催の「びっくり北海道4日間」に14日から連れ合いと行ってきた。

 14日は羽田空港経由で新千歳空港から宿泊場所の「十勝川筒井温泉」へ。宿に着いたのは午後9時を大きく回っていた。徳島空港だけでなく、高松空港伊丹空港関西空港からの参加者45名なので、新千歳空港に着く時間が違う。しかも伊丹空港からの参加者は30分以上の延着であった。とにかく、食事をして温泉にも入り、翌日からの旅行に備えた。走行距離173km。

f:id:tetuo0208:20190615084847j:plain

 旅程は全部貸し切りバスなので安心であった。2日目は、幸福駅釧路湿原北斗展望台、オンネトー(湖)見学で、宿は阿寒湖温泉。天候が悪い。ひたすら走る時間が多いので、見学時間が少ない。幸福駅で30分。鉄路がなくなった幸福駅には土産物屋が2軒。北海道の鉄道・経済の落ち込みを象徴するようにぽつんと車両が2両置かれていた。

f:id:tetuo0208:20190615094444j:plain

f:id:tetuo0208:20190615095641j:plain

f:id:tetuo0208:20190615111706j:plain      湿原の展望台では見学はわずか20分。天気が悪くて湿原が遠望できない。f:id:tetuo0208:20190615122347j:plain

 阿寒湖温泉では、温泉街にあるアイヌの木彫り店などを散策した。2人で北海道をレンタカーで巡ったのは2001年5月。阿寒湖も釧路湿原摩周湖も天候が悪くひどく寒かった。

f:id:tetuo0208:20190615135618j:plain

 釧路湿原を見学した後は、釧路フィッシャーマンズワーフで昼食。近くの公園に本郷新制作の丹頂鶴を抱いた少女の銅像が置かれていた。走行距離308km。

f:id:tetuo0208:20190615174211j:plain

 3日目は朝は摩周湖へ。これが大変。雨風がとても強く、バスを降りてはみたものの寒くてゆっくり摩周湖を見るどころではない。展望台横の売店に避難した。ところがその後、天候が回復。知床五湖の高架木道を歩いて第一の湖を堪能した。ここでは五湖をめぐる遊歩道があり、時間はかかるが楽しそうだったが、残念ながら私たちのツアーに入っていなかった。その後オシンコシンの滝を見学。瀑布の水が降りかかってきて気持ちがいい。

f:id:tetuo0208:20190616130804j:plain

f:id:tetuo0208:20190616141758j:plain

 そして、小清水原生花園へ。原生花園の前には小さな駅があった。一日に何本も走らないそうだ(2時間半に1本ぐらい)が、うまい具合に汽車が到着。もちろん、乗車する人はいない。また、雨が降ってきた。温根湯温泉で宿泊。周りに店はない。しかし、目の前で揚げる天ぷら、焼くステーキなど大変おいしかった。アルコールも1時間1,300円の飲み放題。といってもそれほど多く飲めるわけではない。走行距離375km。

f:id:tetuo0208:20190616153449j:plain

f:id:tetuo0208:20190616184139j:plain

 4日目(17日)は徳島に帰るだけ。ところが、腰が痛くなって早朝3時過ぎに目が覚めた。とにかく痛くてたまらない。這いながらトイレに行った。こんなことは今までの旅行では初めて。連れ合いを起こしてみたがどうしようもない。6時前に痛み止めを飲んだが、効き目がなかなか出ない。痛みが治まるのを願いながらバスに乗車した。ホテルを7時に出発し、新千歳空港に着いたのが11時半。13時の羽田行き、15時30分の徳島行きに乗り継いで、我が家に着いたのは午後6時10分であった。楽しかったが、「びっくり」するほどとても痛い旅行であった。バスの走行距離297km。バス総走行距離1,153km。

 徳島に帰ってみると、子どもたちから父の日のプレゼントが届いていた。感謝。

 ●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

233 ひさかたの雨にぬれつつ時鳥鳴く声きけば昔おもほゆ

234 時鳥空行く声のなつかしみねさへうかれて昔おもはる

235 あさ夕(よひ)になく郭公かずとめて風にたぐへてやらましものを

236 ほととぎすわが住む宿は多かれど今宵の蛙(かはづ)まづめづらしも

237 さ苗ひくをとめを見ればいそのかみ古りにし御代の思ほゆるかも

 

 

あわ9条の会事務局会議、メダカ、月下美人

 昨晩(12日)は、我が家であわ9条の会の事務局会議があった。9日のスタンディングの話が出たが、来月からは暑いので9時開始が8時30分から9時15分に変更になる。また、原爆写真パネル、徳島大空襲パネルの展示について話し合った。毎年恒例で10数か所で行い、多くの阿波市民の皆さんに見ていただいている。

  「徳島大空襲パネル」を見た人は少ないのではないか。1945年7月4日に、徳島でも大空襲があった。ウィキペディアによると以下のように書かれている。

 「 1945年7月3日午後4時23分(日本時間)、マリアナ諸島のグアム・サイパンテニアンの3島4基地から高松・高知・姫路、そして徳島への爆撃のためアメリカ陸軍航空軍第21航空軍所属のB-29が501機出撃し、硫黄島を経由して、それぞれの都市へと向かった。
 7月4日の未明、第21航空軍第314航空団の129機のB-29新町川河口から徳島市の上空に飛来。午前1時24分から同3時19分まで、1時間55分の間焼夷弾を投下し続けた。諸説あるが、徳島市の発表では、この空襲により当時の徳島市の約62%が焼失し、人的被害は死者約1,000人(男性431人、女性553人、性別不明17人の説もあり)、けが人は約2,000人、被災者は70,295人、罹災世帯は17,183世帯とされている。」

 30枚余りのパネルを見ると、焦土と化した徳島市内の様子は今の徳島市内と比べると、大空襲のすごさが理解される。我が家には、「非核の政府を求める徳島の会」が編集した「おじいちゃんおばあちゃんに聞いた 戦争の話 第2集」(1989年12月8日発行)がある。徳島県母親大会の実行委員長を長らく務めていたかたの「五人の孫たちへ」と題する文章があったので、その一部を紹介する。

f:id:tetuo0208:20190613140552j:plain

 「おばあちゃんは六年生になると修学旅行に行けるのを楽しみにしていました。でも、空襲が激しくなり、おばあちゃんの学年で中止になってしまいました。その頃、大阪や東京から空襲を逃れて鳴門にもたくさんのお友達が疎開してきました。

 国民学校(今の小学校)の卒業式のとき、艦載機(爆弾をたくさん積んだアメリカの飛行機)が飛んできて式の最中に空襲警報が出て、とうとう式が中止、次の日に卒業証書を取りに行ったことを覚えています。

 おばあちゃんは女学校に入学しました。でも、お勉強をするにもノートや鉛筆もありませんでした。おばあちゃんは今の鳴門のおばあちゃんが持っていた筆箱や鉛筆を貰って学校に行っていました。もちろんカバンもありません。お母さんの帯をほどいて自分でカバンを作りました。」

 宵待孔雀が毎晩のように咲いた。一晩で8輪咲いた時もあった。月下美人のつぼみも大きくなってきた。3~4年前から育てていた蓮がようやく咲くようだ。

f:id:tetuo0208:20190613130753j:plain

f:id:tetuo0208:20190613092508j:plain

f:id:tetuo0208:20190613130715j:plain

f:id:tetuo0208:20190613092449j:plain

f:id:tetuo0208:20190612075740j:plain

f:id:tetuo0208:20190611114829j:plain

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社
228 世の中を憂しと思へば時鳥木がくれてのみ鳴きわたるなり

229 青山の木ぬれたちぐき時鳥鳴くこゑ聞けば春はすぎけり

230 夏山をわが越え来れば時鳥こぬれたちぐき鳴き羽ぶく見ゆ

231 みよしのの山辺に住めばほととぎす木の間立ちぐき鳴かぬ日はなし

232 み山べを辿りつつ来し時鳥木の間立ちぐき鳴き羽振る見ゆ

 

阿波肝疾患フォーラム、守大助の会、桂君誕生日、あわ9条の会、共産党演説会、「書店の棚 本の気配」(亜紀書房 佐野衛)

 6月7日は阿波肝疾患フォーラムへの参加の案内があったので、肝炎の会の近藤事務局長と参加した。午後7時からの会への参加は体にこたえる。主催はアッヴィ合同会社であった。肝炎治療の効果的な薬を販売している。参加対象は主に医者のようで、看護師も見られたが、患者は私たちだけのようだった。

f:id:tetuo0208:20190610150926j:plain

 チラシに見られるように「C型慢性肝炎疾患および肝癌治療の最前線」では、現在行われている治療と研究状況が話された。パワポが英語だったためと専門的な話であったため、ほとんど理解できなかったが、治療が大変進んできていて、私たちにとって期待できるものであった。

 「食事性肝障害2019」は専門性のない私たちのとっても、少しは理解できるもので、どんな食事をどう工夫して取るかによって健康に益があったり害があったりすることが理解され、健康に留意した食事摂取が必要と考えさせられた。

f:id:tetuo0208:20190607190445j:plain

f:id:tetuo0208:20190607201623j:plain

 8日(土)は1時から守大助の会の街頭署名行動と役員会があった。署名では高校生がチラシを読んで興味をもって署名してくれた。

 役員会では、会員数535名、最高裁あて署名1,337筆と報告があった。7月26日には最高裁への再審開始を求める要請行動があるので、徳島から3人の派遣を決めた。前日には千葉刑務所の大助さんに面会する予定にしている。

 9月13日・14日は高知の会が、布川事件の桜井昌司さんを招いて講演会・総会を行うので、ここにも代表を派遣することにした。11月16日・17日には香川で中四国の交流会があるので、徳島から交流会への提案について話し合った。

 9日(日)はあわ9条の会による宣伝行動がマルナカ柿原店前の交差点であり、連れ合いと参加した。暑いかなと思ったが少し風があり助かった。香川ナンバーの車の中から手を振ってくれる人がいた。この日の参加者は8名だった。

 9日の午後からは日本共産党の演説会があり、連れ合いと用意されたマイクロバスに乗り参加した。私の参加目的はもちろん演説を聞くことであったが、守大助の会の最高裁あての署名を取ることにもあった。会場前で協力をお願いしたが、100筆集まった。感謝。

 7月4日公示予定の参議院議員選挙では、市民と野党の共同で暴走する安倍政権の退陣、憲法が生きる新しい政治をめざして32の1人区で共同の候補者が決まった。徳島・高知の1人区では松本けんじという35歳の若者が挑戦する。本人から力強い決意表明の発言があった。共産党笠井亮政策委員長からは、現在の情勢について詳しい報告があった。

f:id:tetuo0208:20190609154322j:plain

 演説会では、市民連合・徳島の山本代表、オール徳島の横山代表、新社会党の長谷川県本部委員長からのあいさつに続き、社民党立憲民主党・国民民主党・前回統一候補の大西聡さんからもメッセージが寄せられていた。

 「書店の棚 本の気配」(亜紀書房 2012年9月 佐野衛)を読んだ。大阪に裁判の傍聴に行ったときに、古書店で購入したもの。著者は神田にある「東京堂書店」の店長を勤めていた。こういうところの店長は、相当の努力をし学識がなければ作家をはじめとする来客者の要望に対応できない。何回か行ったことがあるが、店の照明は他の書店と比べて、少し暗いように感じた。思うに、客が落ち着いて探し求めている本に出合うためだと感じた。

f:id:tetuo0208:20190610150855j:plain

 直径30㎝を越える大輪柱・夜の女王が咲き終わり、宵待孔雀が咲きだした。十三夜美人・満月美人・姫月下美人に加え、一番の月下美人もつぼみがだんだん膨らんできた。楽しみだ。写真は宵待孔雀。

f:id:tetuo0208:20190609060100j:plain

f:id:tetuo0208:20190609060228j:plain

f:id:tetuo0208:20190605133001j:plain

f:id:tetuo0208:20190609060139j:plain

f:id:tetuo0208:20190609060333j:plain

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

223 声たてて鳴け時鳥ことさらにたづね来れる心知りなば

224 あしひきの国上の山の時鳥今をさかりとふりはへて鳴く

225 うき雲の身にしありせば時鳥しばなく頃はいづこに待たむ

226 国上山松風涼し越え来れば山時鳥をちこちに鳴く

227 国上山しげる梢の恋しとて鳴きて越ゆらむ山ほととぎす

 

パソコン修理、徳島県母親大会で訴え、「川上澄生全集」第13巻

 まったく、ひどい目にあった。メールがまたダメになったのでパソコンを修理に出した。今日ようやく直ったが、果たしてこのまま続くのだろうか。

 6月2日(日)は第59回徳島県母親大会があり参加した。昨年の通り、近所の参加者を乗せていった。参加者は315名であった。実行委員会のメンバーの皆さんの必死の取り組みのおかげで、大会は成功した。

f:id:tetuo0208:20190602133547j:plain

 写真は実行委員長あいさつをする連れ合い。

 午前中に6分科会があり、私は「第5分科会:なぜなくならない、女性差別とハラスメント」に参加し、予防接種時の注射器の使いまわしで多くの方がB型肝炎ウイルスに感染し、特に女性が大きな差別・偏見を受けていることについて発言した。

 午後の全体会では、仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんを支援する徳島の会会を代表して、参加者の皆さんに支援を訴えた。発言は以下の通り。

 

 日頃は、参加者の皆さんには大変お世話になっています。また、第59回徳島県母親大会の開催、おめでとうございます。仙台北陵クリニック筋弛緩剤えん罪事件の守大助さんを支援する徳島の会を代表して、守大助さんへの支援の訴えをさせていただきます。
 昨年8月に高知で開かれた第64回日本母親大会では、徳島県母親大会実行委員会の皆さんのご尽力で、大助さんの母親:祐子さんが全体会の会場で4,300名を越える参加者の皆さんに、大助さんの無実を訴え、多くの署名をいただくことができました。本当にありがとうございました。
 守大助さん支援する全国連絡会も日本母親大会実行委員会に加入して、さらに多くの母親の皆さんにご支援をいただくよう準備を進めています。今年の8月24日・25日に静岡で開かれる第65回日本母親大会には守大助さんを支援する徳島の会からも参加して、母親の祐子さんと共に訴えることにしています。事件が起こり大助さんが逮捕・服役させられて19年になります。一日でも早くえん罪を明らかにして彼をご両親の元に返すことが、全国各地の会の願いです。
 今日、皆さんへの配布物の中には、守大助さんの資料も入れさせていただいています。皆さんには資料も見ていただいて、最高裁判所宛の再審開始を求める署名、まだ徳島の会にご加入されていない方には会へのご加入を、お願いします。また甘酒の注文も承っていますのでご協力ください。
 毎年、大助さんのことでは訴えさせていただいていますが、どうかよろしくお願いいたします。

 

 記念講演は元東京大学大学院教授・9条の会事務局長の小森陽一さんが「子どもたちに憲法がかがやく未来を!」と題して話をされた。小森さんが研究している夏目漱石について少し話をして、憲法を取りまく状況について詳しく話がされた。事前に「戦争の時代と夏目漱石」(かもがわ出版)を読んでいたので、理解しやすかった。

f:id:tetuo0208:20190604163443j:plain

写真は、講師の小森陽一さん。

f:id:tetuo0208:20190602140058j:plain

 中公文庫版カラーシリーズの「川上澄生全集」第13巻を読んだ。本来は全14巻なのだが、私が購入した古書店では13巻までしかなかった。いろいろ楽しめた本であった。川上澄生の記念館が新潟県の柏崎にあるそうなので、行ってみたい。

f:id:tetuo0208:20190604164933j:plain

f:id:tetuo0208:20190604165000j:plain

f:id:tetuo0208:20190604165013j:plain

f:id:tetuo0208:20190604165026j:plain

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

218 しのび音をいづこの空にもらすらむ待つ間久しき山ほととぎす

219 ほととぎすわがごと山に羽振りてむ恋しきことに音づれはせよ

220 あしひきの国上の山を越え来れば山時鳥をちこちに鳴く

221 草の庵(いほ)にひとり寝(ぬ)ればさ夜更けて太田の森に鳴くほととぎす

222 水鳥の鴨の羽色の青山のこぬれ去らずてなくほととぎす

 

メールまた不調、肝炎で国会議員要請行動、「川上澄生全集」12巻、鳥のひな、叔母の香典返し

  書いていたのが消えてしまった。メールがまた不調になった。連れ合いのメールの送受信ができない。まったく、仕事にならない。

 28日は朝5時起きで東京に向かった。11時からの日肝協主催による「国会要請行動・院内集会」に参加するためであった。徳島からはNさんも参加した。全体で180名が参加した。集会には衆参の国会議員18名(厚労大臣経験者や厚労委員が中心)も参加して、それぞれが私たちが取り組んでいる「肝がん・重度肝硬変入院医療費助成制度」について、その拡充などについて連帯の挨拶を述べてくれた。また厚労省からは肝炎対策推進の大場室長が挨拶をしてくれた。

 この助成制度は昨年12月から始まったが、厚労省試算の7,200名を大きく下回る33名しか制度の恩恵にあずかっていない。国会議員も指摘していたが、各自治体の指定医療機関が少ないこと、利用者(医療機関も含め)への制度周知が不十分なこと、制度が複雑なこと、利用要件が厳しすぎることなど、多くの改善すべき課題がある。

 集会の後、私はNさん、愛媛の2名、大阪弁護団の中島弁護士と議員要請を行った。訪問したのは後藤田議員(自民・衆・徳島)と塩崎議員(自民・衆・愛媛)であった。後藤田議員は来客中にもかかわらず、時間を割いて私たちの話をきちんと聞いてくれた。国会請願署名の紹介議員になってくれるよう要請した。一緒に写真撮影。

 要請後、また日肝協の役員会議があったので参加した。ここにも田村議員(自民)と枡屋議員(公明)が参加して私たちと意見交換が行われた。地道に国会議員・厚労省と話し合いを続けることが必要と思った。

f:id:tetuo0208:20190528111003j:plain

f:id:tetuo0208:20190528142152j:plain

 川上澄生全集」第12巻を読んだ。

f:id:tetuo0208:20190530092134j:plain

 昨日、従弟から叔母の香典返しが届いた。永良部島に住んでいた叔母は、2月22日に96歳で亡くなった。明るい性格で親切な人だった。その娘の子がどういうわけか永良部から徳島の大学に入学した。その子の結婚式の時に徳島に来てくれた。また、その後も1回徳島に来た。その時は私たち夫婦で鳴門などを案内し我が家にも立ち寄ってもらった。我が家を見て満足してくれたようだった。地域によって香典返しはいろいろあるがお酒は初めてだ。それも田中一村のラベルの黒糖焼酎「里の曙」であった。

f:id:tetuo0208:20190530051446j:plain

 パソコンを修理に出している間にも写真を撮った。21日には庭にひなの死骸が落ちていた。上を見るたが巣はない。どこから落ちた(落とされた)のだろうか。季節柄、鳩のひなであろうか。

f:id:tetuo0208:20190521123438j:plain

f:id:tetuo0208:20190524065946j:plain

f:id:tetuo0208:20190530050757j:plain

f:id:tetuo0208:20190521174422j:plain

f:id:tetuo0208:20190530092459j:plain

f:id:tetuo0208:20190523051022j:plain

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

213 時鳥からくれないゐにふり出でてなくとも張りし真弓ゆるめな

214 時鳥汝(な)がなく声をなつかしみこの日くらしつその山のべに

215 あしひきの国上(くがみ)の山の時鳥よそに聞くよりあはれなりけり

216 あしひきの国上の山を今もかも鳴きて越ゆらむ山ほととぎす

217 時鳥きかずなりけりこの頃は日にけにしげきことのまぎれに

 

メール不調、「戦争の時代と夏目漱石」(小森陽一 かもがわ出版)、「魯迅全集第10巻」

 パソコンのメールが不調で、見てもらったら1週間もかかってしまった。今は何とか送受信できている。Windows mailの調子がおかしいらしい。おかげで、必要なメールが見られなかったり、ブログの更新、文書の作成ができなかった。大被害であった。

 この間のできごとは、20日(月)きのこハウス理事会、21日(火)健康班会(テーマは脳トレ)、23日(木)陽光学院、26日(日)きのこハウス総会。午前中は甥の子ども(2歳)が運動会なのですぐ近くの小学校に連れ合いと見に行った。この子の出番は3回。なんと、じい・ばあ、両親、おじさん、おばさんなど合計11人もが応援をした。毎日少しづつ草取りをした。

 ようやく魯迅全集第10巻を読み終えた。今は第11巻(中国小説史略、漢文学史綱要)に挑戦しているが、800pにも及ぶ大冊なので、いつ終わるものやら。

 小森陽一の「戦争の時代と夏目漱石」(かもがわ出版)を読んだ。著者は「9条の会」事務局長で、全国を飛び回っている。6月2日(日)に第59回徳島県母親大会があり、その講師が著者なので予備知識として読んだのだが、夏目漱石時代感覚は大変優れていると感心した。漱石は若いころ何冊も読んだが、小森のようには「満韓ところどころ」「門」などは読んだことがない。字面を追っていくのが精いっぱいだった。漱石の本はほとんど文庫本だが我が家に13冊あった。1962年から63年にかけて多く購入しているから高校生の時だった。繰り返して読まないと著者の考え方は伝わらない。

f:id:tetuo0208:20190527133408j:plain

f:id:tetuo0208:20190527133419j:plain

f:id:tetuo0208:20190527133429j:plain

f:id:tetuo0208:20190527133438j:plain

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

208 夏山を越えて鳴くなるほととぎす声のはるけきこのゆふべかも

209 時鳥いたくな鳴きそさらでだに草の庵はさびしきものを

210 いづちへか鳴きて行くらむ時鳥さ夜ふけ方にかへるさの道

211 ほととぎすしきりに鳴くと人はいへどわれはきかずもなりにけるかも

212 旅人にこれを聞けとやほととぎす血に鳴く涙かわかざりけり


 

守大助の会、空海の道ウオーク、大輪柱

 18日(土)は守大助の会の役員会があったので参加した。恒例で徳島駅前で宣伝行動があった。今回は、えん罪をなくす国民救援会の宣伝と一緒に行った。毎年、5月20日日本国民救援会の全国行動日で、全体で15名の参加であった。救援会の松浦事務局長や大助の会の割石さんが、訴えを行った。

 役員会では、最高裁判所あての署名が1,365筆、会員数が535名との報告があった。また、各種集会での宣伝行動の報告もあった。6月2日(日)には徳島県母親大会があり、そこでの訴えなどについても話し合った。8月23・24日には静岡で日本母親大会があるので、その取り組みも話し合った。

 昨日(19日)は第25回最後まで残った空海の道ウオークがあったので、連れ合いと藤井寺から焼山寺を経て鍋岩までの山道コースに参加した。健生山の会からも3人参加した。8時15分から出発式があり、岡田実行委員長・神山町長・吉野川市長・藤井寺住職のあいさつの後8時37分に出発した。

f:id:tetuo0208:20190519080647j:plain

f:id:tetuo0208:20190519081522j:plain


 びっくりしたのは、facebook友達になっている、高知の北村哲郎さんに出会ったこと。彼の旺盛な行動には、いつも感心させられている。

 連れ合いとゆっくり、大変多くの人に追い越されながらも2時24分に焼山寺に着いた。

f:id:tetuo0208:20190519142858j:plain


 鍋岩までは少し雨模様だったのでマイクロバスに乗せてもらった。鍋岩から出発点までバスで戻った。健生山の会の人たちも同じバスだったが、健脚の彼らは焼山寺から焼山寺山の往復(1時間)もしたという。脱帽である。記念にもらった温泉の招待券(鴨の湯、美郷の湯、ふいご温泉、神山温泉、御所の郷、土柱の湯、土柱ランド温泉の入浴無料券)で御所の郷に入って、疲れを癒した。

f:id:tetuo0208:20190520125816j:plain

 今朝庭を見ると、大輪柱が咲いていた。また見逃した。それでもまだつぼみがたくさんあるので、楽しみだ。

f:id:tetuo0208:20190520085926j:plain

 先日咲いていた大きな花は「夜の女王」でした。このしおれたのが大輪柱。

●仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団にご相談を!

良寛詩集(東洋文庫556 平凡社

203 あさもよし君がたまへし百合根を植ゑてさへみしいやなつかしみ

204 かすみ立つ沖見の嶺(たうげ)岩つつじ誰(た)が織りそめし唐錦かも

205 夏衣裁ちて着ぬれど山べはいまだ春かもうぐひすの鳴く

206 ひとり寝(ぬ)る旅寝のゆかのあかときに帰れとや鳴く山時鳥

207 相連れて旅かしつらむほととぎす合歓(ねむ)のちるまで声のせざるは